刺青除去ならお任せ〜肌のお悩みはドクターに〜

傷をきれいにする方法

女の人

やけどや手術跡を消す方法

事故などによってやけどを負ったり、病気などで手術をして傷跡などが残っていると、肌をさらすのが恥ずかしくなってしまいます。そんな傷跡をきれいに消してくれて、体にも負担がほとんどないのがレーザー治療です。大まかなレーザー治療の仕組みはレーザーを皮膚表面に当てることで、デコボコになっている傷跡などを均一にしてくれます。跡が残っている細胞というのは正常な状態ではないため、これを削ることで細胞が活性化されて、きれいな皮膚を手に入れることができます。メスを使わない方法ですからダウンタイムもほとんどなく、治療中の痛みもありません。そのため、小さな子供さんの傷を消すのにも効果的です。個人差はありますが、3ヶ月から半年くらいで傷跡が目立たなくなり、きれいな皮膚になれます。

妊娠線や肉割れが消える

妊娠中にお腹がどんどん大きくなってしまって、妊娠線ができてしまうとセルフケアでは消すことができません。また、急な体重の増減に皮膚が付いていけなくなってできる肉割れも同様です。そんな気になる妊娠線をきれいにするのに有効なのがレーザー治療です。レーザーを皮膚に当てることで肌の深部が熱を持ちますから、コラーゲンの生成が活発になります。皮膚を引き締める作用を持っていますから、妊娠出産でたるんでしまったお腹周りの皮膚のたるみ改善にも役立ちます。また、レーザー治療は肌をきれいにする作用を持っています。肌の奥のコラーゲンの生まれ変わりが起きますから、保湿効果が高まって肌表面がしっとりとしてきて、ハリが生まれてきます。